ランニングは運動神経が鈍い人ほど続く

秋の公園でランニングをする女性

いつのまにか秋、外を走るのが快適な季節になりました。ランニングは約7割が一年以内にやめてしまうスポーツとか。一方で、運動神経が鈍い人ほど夢中になるという説も。

レベルアップを週単位で実感できるランニング

パーソナルトレーニングの第一人者、「世界一やせる走り方」の著者である中野ジェームズ修一フィジカルトレーナーによると、ランニングは一回走るごとに心肺機能が上がり、いつのまにか持久力がつくそう。

優れた運動神経がなくても上達が早いのがランニング。先週よりも今週、今週よりも来週と、週単位で確実に自分のレベルアップを体感できるので、スポーツでの成功体験のない人、運動神経が鈍い人ほど夢中になるとか。確かに=私もその一人です。

ランニングの消費カロリー

ランニングの消費カロリーは、体重×距離。1kmの消費カロリーは自分の体重と同じなので、体重が50kgとすれば50kcal。思ったよりも少ない印象ですけれど、こんな計算もあります。

1か月で約7,200kcalを減らせば体脂肪が1kg落ちるとした場合
・7,200kcal÷30日=240kcal/日
・食事と運動でバランスよく消費。各120kcal/日
・50kgの人ならランニング約3kmで運動の分は達成!!
参考:美しい体をつくるランニング CREA BODY

記憶する筋肉。マッスルメモリー

トレッドミルでトレーニングをする女性

筋肉は体に記憶され、活動量が減って低下しても再び鍛えれば”マッスルメモリー(筋肉の記憶)”が蘇り、筋力を取り戻せるそう。ということは、夏の暑さと在宅ワークで低下した分は、取り戻せるということですよね。

一歩踏み出せば体が変わると信じて、筋力の蓄えをコツコツと。「世界一やせる走り方」、久しぶりに読み返したら、テンション上がりました。


参考:中野ジェームズ修一著「世界一やせる走り方」サンマーク出版 2015年

by
関連記事