生まれ変わる肌。ターンオーバーとは

年齢と共に変わる肌。エイジングケアを考えるうえで、皮膚の構造や美しい素肌のためのキーワードを再整理。まずはターンオーバーから。

皮膚の構造とターンオーバー

皮膚は、表皮、真皮、皮下脂肪の三層で構成されています。

表皮は、外側から、角質層、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層(きていそう)から成り立ち、一定のサイクルで生まれ変わっています。

皮膚の構造とターンオーバー

基底層で新たに生まれた細胞は、上へ上へと押し上げられる過程で成長、変化し、約2週間で角質層に到達して角質に。

さらに約2週間後に、垢となって剥がれ落ちます。

この肌の生まれ変わり、細胞の生成、成長、排出の代謝サイクルが「ターンオーバー」です。

ターンオーバーの周期

一般的にターンオーバーはこの4週間、28日間の周期で繰り返されますが、内外的な要因で変化し、遅くなったり、早くなったりします。

遅くなる原因は、加齢による新陳代謝の低下。早くなる原因は、睡眠不足やストレス、食生活や紫外線など。

ターンオーバーの乱れは、肌荒れや乾燥、くすみなど、様々な肌のトラブルに繋がります。

大人世代のターンオーバー対策

遅すぎず、早すぎず。ターンオーバーを理想的なサイクルを整えるためには、悪影響を及ぼす生活習慣を改善し、紫外線や乾燥など外的なダメージから肌を守るという地道な努力の積み重ねが基本。

また、大人世代の肌は、自然に剥がれ落ちるはずの古い角質が溜まって厚くなる「角質肥厚」の傾向も。

クチャパック

日々の洗顔の見直しと共に、肌の生まれ変わりを助けるディープクレンジング、肌をやわらかくするフェイシャルスチームやマッサージも定期的にプラスしたいお手入れです。

ただし、やりすぎは逆効果。ついつい衝動的な化粧品購入や過剰なお手入れに走りがちですが、何事も「程々に」ですね。

つくるコスメのクチャパック

つくるコスメの角質ケアパック
TASU+クリアマスク・琉球クチャ

by
関連記事