毛細血管にもシワとたるみの原因が

スキンケア

数年前から話題になっている「毛細血管のゴースト化」。加齢や生活習慣によって毛細血管が減少することで、全身のあらゆる部分に影響をおよぼすことが明らかに。肌にも関係が深い「毛細血管」について、簡単に整理しました。

そもそも毛細血管とは

私たちの体にある血管の99パーセントは、太い血管から枝分かれした毛細血管。全身に網の目のように張り巡らされ、細胞に酸素や栄養を届け、二酸化炭素や老廃物を回収する重要な役割を担っています。

毛細血管イメージ

ゴースト血管は、生活習慣や紫外線などによるダメージで毛細血管が損傷して血液が流れなくなり、最終的に消滅してしまう幽霊のように消える血管。

さらに、毛細血管の数は加齢と共に減少し、60代になるとピーク時(30歳以下)の30~40%も減ることが研究で明らかになったそう。毛細血管が減り、ゴースト化も進めば、血液が体の隅々まで行き渡らなくなり、酸素や栄養を絶たれた細胞が次々と死滅していく。本当に怪談のような話です。

肌と毛細血管の関係

もちろん、肌をつくる細胞にも影響が。表皮には基底細胞(きていさいぼう)、真皮には線維芽細胞(せんいがさいぼう)があり、表皮細胞、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを生成しています。

皮膚の構造

真皮には図のように毛細血管が伸びていますが、ゴースト化が進むと細胞に十分な栄養を届けることができず、皮膚が生まれ変わるターンオーバーの周期も乱れ、シワやたるみなど、肌の衰えに繋がることがわかってきました。

毛細血管のゴースト化を防ぐには

認知症や骨粗しょう症のリスクを高めるとも言われている毛細血管のゴースト化。繊細な毛細血管を生き生きと若々しく保つためには、質の良い睡眠、バランスの良い食事、適度な運動など生活習慣の改善が大切(すべてはここに行き着きますね)。さらに、血管修復作用のある食材も注目されています。

毛細血管を修復する植物の力

ルイボスティー

毛細血管は、「Tie2(タイツ―)」という受容体を活性化することで修復されるそうなのですが、この活性化に寄与する類似成分が、シナモン、ルイボス、沖縄の月桃葉、ヒハツなどに含まれているそう。

ルイボスティー、大好きでよく飲んでいます。そんなパワーがあったとは。とはいえ、量は程々に。シナモンは、特に注意が必要です。

それにしても、奥深い美の世界。次々と新しい発見があります。

参考:NHKスペシャル 「ゴースト血管があぶない~美と長寿のカギ 毛細血管~」/公益社団法人 日本アロマ環境協会機関紙No.90「 体温から健康を考える」 2018年/根来 秀行 (監修) 「Dr.クロワッサン 毛細血管を増やして、血流力をつける!」マガジンハウス 2018年

by
関連記事