夜のチョコレートで睡眠の質を高める

夜チョコレート

海外のホテルに旅したようにチョコレートを枕元に。眠る前にチョコレートを食べると、ストレスが和らぎ、心もカラダもリラックス。美と健康の基本である睡眠の質を高める機能があることがわかっています。

チョコレートで優雅なスリープセレモニー

快適な睡眠環境に整えてくれるホテルのターンダウンサービス。ディナーから部屋に戻ると、ベッドスローが外されて、思わず飛び込みたくなるような設えに。枕元にはチョコレート、カードや一輪の花が添えられていたり。

江崎グリコのプレスリリースによると、ホテルのナイトチョコレートは、1950年代初頭にアメリカで始まったそう。その後、チョコレートのリラックス効果が注目され、良質な眠りを提供するベッドメイキングのアメニティとして世界中に広まったとのこと。

ホテルのターンダウンサービスのチョコレート

なかなか旅に出られない今、自宅でナイトチョコレートを愉しんで、優雅な旅気分に。心とカラダを睡眠モードに切り替えるスリープセレモニーにもなりそうです。

GABA配合のチョコレートで深い眠りに

眠りに最適なチョコレートとして発売されているのが、江崎グリコの”メンタルバランスチョコレートGABAフォースリープ<まろやかミルク>”。睡眠の質を高める機能がある”γ(ガンマ)-アミノ酪酸(GABA)”が配合されています。

ストレスを低減するリラックス作用で知られるGABAは、副交感神経を優位にすることで睡眠の質(眠りの深さ、すっきりとした目覚め)を改善。夜、100㎎の摂取(まろやかミルクだと3粒分)で効果があるそう。

メンタルバランスチョコレートGABAフォースリープ

気になるカロリーは71kcal。味は、やや甘めの昔ながらのミルクチョコレート。「GABAチョコも食べたから大丈夫」という心理もプラスに作用して、確かに以前よりも早く眠れます。ドラッグストアで購入=200円以下でした。

シンデレラの3時間。眠りと美肌の関係

ところで、お肌のシンデレラタイム。昔は、夜の10時から午前2時と言われていましたが、最近のシンデレラは、眠りに入ってからの3時間が美肌タイム。この時間に、天然の美容液とも言われる成長ホルモンが最も多く分泌されるそう。

成長ホルモンは、疲労を回復し、代謝を促すホルモン。細胞の成長、修復、新陳代謝の促進など、エイジングケアに重要な役割を果たしているので、分泌量が低下すると、肌だけでなく脳の老化を招くことに・・・

ともかく夜は、ゆっくり、ぐっすり、質の良い睡眠で成長ホルモンをたっぷりと。年齢を重ねてもシンデレラタイムは平等なはず、と信じて。


参考:江崎グリコ株式会社プレスリリース「20代〜60代の男女10,000人に聞く、睡眠実態調査 あなたは知っていますか? ナイトチョコレート」2020.10.29

by
関連記事