抗酸化力+α。美肌のためにコーヒーを

カフェでコーヒー

アンチエイジングで再注目されているコーヒー。抗酸化力の高いクロロゲン酸、脂肪燃焼作用のあるカフェイン、血糖値の上昇を抑制して糖化にもアプローチするコーヒーの美肌・健康効果を簡単にまとめました。

コーヒーのクロロゲン酸で美しい肌に

コーヒーに含まれる代表的なポリフェノール「クロロゲン酸」。はじめての出逢いは、SOFINAの美容ドリンク。コーヒー由来のクロロゲン酸が、肌の水分量を高めて乾燥を緩和することが花王の研究で解明され、話題になりました。

その後、コーヒー豆そのものにも注目が。全日本コーヒー協会によると、コーヒー1杯(約140cc)に含まれるクロロゲン酸等のポリフェノールは、約280mgで赤ワインと同程度、お茶の約2倍に相当するとのこと。

含有量は、品種や焙煎度によって異なり、アラビカ種(一般的なコーヒー豆)よりもロブスタ種(インスタントコーヒーによく使用されるコーヒー豆)の方が高く、焙煎度が深いほど低くなるそう。

コーヒー豆

一日のカフェイン摂取量の目安

もうひとつ注目されているのが、カフェインの効果。交感神経を刺激することで体脂肪の燃焼が促進される他、覚醒作用、血管拡張作用、胃酸分泌促進作用、利尿作用などが報告されています。

個人的には、更年期後に不整脈が出始めたので、今はカフェインレス生活。以前はちょっと摂り過ぎでした。一日の目安は、健康な成人でマグカップ2~3杯程度。体に良いとはいえ過剰摂取は逆効果ですね。

クロロゲン酸が豊富なタニタコーヒー

クロロゲン酸が豊富なカフェインレスを探していて見つけたのがタニタのコーヒー。タニタ食堂、タニタカフェで提供されているコーヒーで、クロロゲン酸は一般的なドリップコーヒーの約1.5倍。フルーティーな甘い香り、柔らかな酸味とコクが特徴のモカブレンドです。

クロロゲン酸が豊富なタニタコーヒー

酸化と糖化へのアプローチ

クロロゲン酸をはじめとするコーヒーのポリフェノールは、血糖値の上昇を抑制するという研究報告も。肌のたるみ、シワを加速化する糖化は、血糖値の高さと関係が深いので、この点でも効果が期待できそうです。

あらためて調べ直した結果、朝は、カフェイン入りのコーヒーを一杯、その後はカフェインレスという飲み方にしようと思います。身近な飲物が、美肌と健康を維持してくれるのはうれしいことですね。

by
関連記事